メルブラトーク(1)

 MELTY BLOOD(メルティブラッド)に関するいつものネタバレトーク。
 順番はテケトーです。

 その1 声

 ようやく落ちついてきた感じです(笑)
 音声に関してなんですが、全体的にどのキャラの演技も上手いと思います。で、雑記で大騒ぎしてたのはなんだったのかっていうと、キャストの公開がまだなので現時点では断言できないんですが……ネロの声。あれはどう考えても中田譲治さんではありますまいか。らっきょドラマCDに出演していた事だし、その繋がりで今回も……という事も考えられないではないかも。
 ていうかすっげぇハマリ役にして贅沢なキャスティング。もし本当に中田譲治さんだとしたら、他にもプロの声優さんが結構出演しているんじゃないだろうか。
 そう考えると遠野兄妹はドラマCD繋がりで声色を変えた黒桐兄妹のようにも聞こえてきますが、こちらはあまり自信なし。


 その2 錬金術師

 どうやら本来戦闘には向かないようですね。まあ元々魔術師ってのも闘う事を生業とする人達じゃないし、例えばフォルテみたいな人は珍しいようですが。ただ錬金術師の場合他の魔術師よりも魔術回路が少ない傾向にあるみたいなので、余計戦闘には不向きだという事なんでしょう。
 魔術師ってやつは元は学者から始まっただけあって、例え素人の目には奇跡のように映る数々の術を駆使しようと、当然その本分は研究にあるわけですが。中でも錬金術師っていうのは魔術の行使において平均を下回る変わりに、学者としての側面が突出した人達って事になるのかもしれないですな。


 その3 ナナツヨル

 志貴愛用の短刀のグラフィックが見られるんですが、あれって月姫では翡翠が「七つ夜」って読んでたからてっきり柄の部分にはそう書いてあるのか思ってましたが、実際には「七夜」と書いてあるようですね。
 で、改めて月姫を読み返してみたら、実際志貴は

 >七という漢字と、その後には夜という漢字。

 という風に説明していました。「七夜」と書いて「ナナツヨル」と読む、という事ですかね。


 その4 死徒二十七祖

 朱い月が足掻いた結果であるという二十七祖。その意味するところが今回おぼろげに見えてきた感じです。

 二十七祖という集団はそれぞれがそれぞれのアプローチで永遠不滅の存在を目指しているが、未だどの祖も各々の目指す終着点に到達してはいないかのように見える。
 そしてロアはアルクェイドに「永遠」を見た。完全なる「永遠」とはまさにアルクェイド=朱い月である可能性が高い。
 ならばつまり、朱い月は自己の後継として、完全に自身と同じ存在(真祖)を望んでいた。しかしそれが必ずしも上手くいくとは言えない。実際なかなか上手くいかなかった。だから全く別の種でもかまわないから自身に匹敵するレベルの「永遠」を実現しているモノを後継に、とも考えていたという可能性があるかもしれない。
 或いはそのレベルに辿り着くという事は、即ち朱い月と全く同じ存在になる事と同義であるとも考えられるかも。山の頂上を目指すなら、複数あるどの道から登ろうと最終的に到達する場所はひとつであるという事で。
 ともかく、自身と同純度の真祖を生み出すという方向とは全く違うアプローチによって後継を生み出さんと足掻いた結果誕生した死徒達。彼等をも含めた自身の後継者候補二十七種を総じて死徒二十七祖と称するのではないだろうか。

 だとすれば二十七祖に欠番が出来ても順位が繰り上がったりしない理由も頷ける。
 そういえばタタリはネロの事をナンバー10と呼称していましたが、これも朱い月の研究サンプルの10番目という意味合いだったとも考えられるかもしれない。これまで二十七祖といえば〜位という風に数えるのが当たり前になっていたのでそういう発想には至りませんでしたけど。〜位というよりは〜番というニュアンスに近そうな気が。


 その5 番外位

 他の死徒達からは一介の死徒としか見られていないロアだが、教会側から二十七祖と同格の扱いをされている。が、その教会側から何位とみなされているかというと、二十八位かと思いきや「番外位」であるらしい。
 これはひょっとしたらその4で述べた通り、二十七祖という集団は本来朱い月の意志によって生み出された後継候補達であったからで、ロアという転生無限者はそれとは関わり無いところから発生したから、という事なのかも。


 その6 ブラックバレル

 またの名を黒い銃身。とりあえず月姫本編では登場しただけで未使用だったので、実際使用した場面のビジュアルがどう表現されるか楽しみ。……だったんだけど3ゲージまで溜めるだけの余裕がないというか、コマンド入力がヘタクソというか、結局コンピュータ側が先に披露してくださいました。
 初代ガンダムの最期みたいですな。上に向けて撃つやつ。

 Notesでは全てのジンに相克する物質で出来ているとありましたが、今回更に「天寿」を意味する概念武装であるらしい事が明らかに。
 という事はつまり、「永遠」の存在に「寿命」という概念を強制的に叩きこむ事によって永遠ではなくしてしまう武器なのではなかろうか。そういやアリストテレスも永遠存在っぽいよなあ。朱い月はまさにそうだったし。

 ところでシオンが持ってたのはレプリカで、彼女の口ぶりからしてオリジナルはもっと威力があるようですが、じゃあシエル先輩が持ってたやつはどうなんだろう。あれもレプリカ? 第七聖典の所持を許されるくらいだからオリジナルを持っていても不思議は無いですけど。Notesの銃神が使ってたのはアリストテレスにすら効果があるくらいだからオリジナルのような気がする。


 その7 ネロ復活

 歌月ではすっかりギャグキャラでしたがシリアスキャラとして復帰。しかし相変わらず中ボス(笑)
 それにしてもでかい。実際月姫でも長身だという描写があったと思ったけど、私はそれでも180〜190cmくらいをイメージしてたんですが。173cmの志貴と同じ画面で並べてみると明らかに2メートルこえてますよ。おかげで月姫の時よりも迫力というか、「恐さ」が増して良い感じです。


 その8 騎士団

 埋葬機関って基本的に仕事がなく、どうしようもない厄介毎があるとオハチが回ってくるみたいな事をシエル先輩が言っていた筈。殺し屋とか言われてるくらいだし、いわば教会の暗部にして切り札。そうしょっちゅう動き回っているわけでもないんでしょう。
 よって通常、異端討伐に動くのは彼等よりもこの騎士団の方が多いんじゃないだろうか。言うなれば教会の退魔正規軍って所でしょうかね。
 そういえばアインナッシュの森で敗れた教会の戦闘部隊は格闘戦を得意とする者達、と書かれてましたが、という事は教会は他にも色んなタイプの戦力を保有しているという事になる。騎士団はその中でも剣とか槍といったタイプの概念武装を用いて闘うタイプだろうか。
 過去、アルクは教会と共同戦線を張った事があったようですが、もしかしたらその時の教会の戦力も騎士団だったのかも。


 その9 二十七祖の名の綴り

 現存する(してた)祖の名前。カタカナ表記なら既に公開されてましたが、アルファベットでどう書くのかが今回冒頭の部分で明らかにされました。2位は白本、5位は歌月の時点で既に明らかにされてましたが。とりあえず、列挙してみます。
 赤字表記した個所は画面外にはみ出てしまっているか、或いは文字がかすれててハッキリと読み取れないのを想像して補った部分です。

 1 / Primate Murder
 2 / the dark six
 3 / Brunestud
 4 / Zelretch
 5 / O R T
 6 / Rizo-Waal Strout
 7 / Einnashe
 8 / Fina-blood Svelten
 9 / Altrouge Blunestud
 10 / Nrvnqsr Chaos
 11 / Stanrobe Calhin
 13 / TATARI / Walachia
 14 / Van-Fem
 15 / Rita Rozay-en
 16 / Gransurg Black-more
 17 / Trhvmn Ortenrosse
 18 / Enhance
 20 / Merm Solomon
 21 / Sumire
 24 / El Nahat
 27 / Cauba----


 「Rizo」と「Waal」の間は空白か「-」が入るかで悩んだんですが、カタカナ表記だと「リィゾ=バール・シュトラウト」となり、同じく「=」が用いられている「フィナ=ブラド・スヴェルテン」や「ヴァン=フェム」のアルファベット表記では「=」の代わりに「-」が用いられているので多分……。
 お笑い担当は半分以上が画面の外にはみ出してて読めませんでした(笑)
 「アルカトラス」は「Alcatraz」で良いのかな?


 その10 Nrvnqsrとは何か

 その9を見てもわかる通り、ネロの名前は「Nero Chaos」じゃなくて「Nrvnqsr Chaos」と書くらしい。戦闘時にもそう表記されてました。
 しかし歌月では前者の表記の方が用いられていたような気がするんですが……どっちでも良いのか?

 ともかく、この「Nrvnqsr」ってどんな意味なのか調べてみたんですが、なかなかわからない。辞書にものってない。で、以前雑記でネロの名の由来ってヨハネ黙示録に関連する物じゃないか、って書いた事を思い出し、そっち方面から調べてみてようやく解答らしきものに辿り着けた気がします。

 どうやらこれはヘブライ語らしいです。そしてヘブライ文字は数字をも兼ねているらしい。ここからカバラの数秘術が誕生したそうですが、それはさておいて。ネロの名に対応するヘブライ文字が意味する数字はというと……

 N → 50
 R → 200
 V → 6
 N → 50
 Q → 100
 S → 60
 R → 200


 で、これらを全部足したら666となる、と。つまり以前雑記で述べた事の裏付けになりそうな感じです。
 ちなみに「NRVN」が「ネロ」、「QSR」は「カエサル」を意味するらしい。

 といっても実は歴史上に登場した皇帝ネロの名前は少々変形させないとこのように666にはならないらしく、この辺には諸説あるみたいです。
 が、少なくとも月姫世界においては皇帝ネロ=666であり、ネロ・カオスの名はここに由来しているという設定である可能性が高いんじゃないでしょうか。


戻る