歌月トーク(4)


 順番はテケトーです。

 その31 味覚

 翡翠はマヨネーズごはんを食べられるだろうか。


 その32 アルクェイドの写真

 金庫開封イベントでアルクェイドの写真が出てくる場合がありますが。これってやっぱり空想具現化でイタズラしたのかねえ。ドッキリテクスチャー?
 本編で幼年期はずっと眠っていたとアルクェイドが言っていたのでその姿を見れる機会はないだろうなあ、と思っていたところに不意打ち気味にあの写真は言うなれば最高のタイミングで入った芸術的カウンターパンチでした。しかも本来志貴と会った後でなければありえないあの笑顔。か…かわええ…。


 その33 何故槙久は七夜を滅ぼしたのか

 これ加筆しないと。
 赤い鬼神の序盤での黄理の闘いぶりを見るに「暗殺者なので襲撃に気がついた時には手遅れだから」てのはやはり正解みたいですね。
 それと「奇襲に頼らずとも遠野家の人間とまともに渡り合えるくらい強い連中が奇襲をしかけるからなお厄介」てのもほぼ当たりじゃないでしょうか。誤解のないように説明しておきますがまともに渡り合えるってのは生命として人外と同等の強さを誇るという意味で書いたわけではありません。生命として劣っている部分を充分補えるくらい高い戦闘技術を誇るという意味です。

 さて。以上の理由から槙久は七夜を滅ぼしたのでは、と以前は考察したわけですが…よくよく考えてみるとこれらの理由に関しては槙久以前の遠野家の人々にとっても同様だった筈。にも関わらず槙久だけが行動にでた事の説明にはなってませんね。これに関しては以下に。

 槙久の行動の理由のひとつとして「志貴の父(黄理)となんらかの因縁があるかも」と書きましたが、こちらは半分当たりといったところでしょうか。因縁自体はありました。ただ私はこの時両者がお互いよく知る仲だと思ってたんです。実際には違いました。赤い鬼神序盤で斎木老の傍にいた男、彼が槙久だという事はすぐにわかりますね。家族の方が大事ってあたりなんか特に。つまり両者はこの時一度遭遇したっきり。しかも黄理の方は槙久の事を憶えてないでしょう。逆に槙久の方は一生忘れられない思い出になってしまったと思われる。
 つまり結論として槙久が行動に出た決定的な理由は、彼が暴走状態の黄理を目の当たりにしてビビッてしまったという事じゃないでしょうか。
 そして黄理のようなとんでもない男を生み出した七夜という一族が今まで以上に恐ろしくなり、なんとしても滅ぼしておかねばと考えるようになったのでしょう。もしかしたらこの時黄理が普通に暗殺をこなしていればまた話は変わっていたかのもしれない。

 そしてもうひとつ理由として加えるべきは七夜の立場が危うくなっていた事でしょう。私は下手に七夜に手を出したりしたら他の退魔組織からの報復があるのでは、などと考えていたのですが、実際には槙久はその心配をする必要がなかったわけですね。


 その34 七夜と刀崎

 両家は黄理の先代の頃からの付き合いらしい。という事は七夜が使用していた武器の中には刀崎が鍛えたものが含まれてたりする可能性もあったりして。
 月姫本編で志貴が愛用してた七夜の宝刀はもしかしたら刀崎の誰かの作品だったり。しかも宝刀なんて言われてたりするくらいだから、単なる鉄製のナイフではなくて骨刀だったりするかも……いや、小さすぎるか?
 骨製か鉄製かはともかくとして、案外槙久が七夜の宝刀を処分できなかった理由のひとつが同族である刀崎が作ったものであったから、なんて。
 もちろんこれも裏付けなどありませんのコトヨ。ていうか刀崎の鍛えた武器なら価値はありそうな気がするんだけど七夜の宝刀って値打ちモノでは無いらしいし。ただ七夜と刀崎が上で述べたような関係だったら面白いかなー、なんて思っただけですなんとなく。


 その35 七夜の殺害衝動

 そもそも超能力とはヒトの無意識が生み出した抑止力であるらしい。
 そして赤い鬼神の七夜に関する解説の中に、七夜は近親による交配を繰り返した事によって本来一代限りである超能力の色濃い継承を実現し、かつ人間として身体性能を限界まで鍛え上げた結果として単なる異能の一族ではなくヒトの退魔意思を特出継承する一族となったとあります。
 ヒトの退魔意思を特出継承。つまり、七夜の殺害衝動とはヒトの中でも特に極端にヒトとしての側面を色濃く継承していった結果阿頼耶識の影響を強く受けるようになったため(?)発生する退魔意思のあらわれだという事なんでしょうかねえ。もしそうならばこの殺害衝動、アラヤの怪物がヒトの敵対者を抹殺対象とするのと同じ理由によると言えるかもしれない。


 その36 志貴は何故アルクェイドに殺害衝動を抱いたのか

 ヒトの無意識は真祖を容認しているが故にアラヤの怪物も真祖を抹殺対象とみなさないとロアさん談。でもそうすると前回書いたように七夜の殺害衝動が阿頼耶識の影響による、とすると矛盾が。もちろん最初から阿頼耶識とは無関係だったという可能性もあるんだけれどもそれでは話が終わってしまうので。
 そこでアルクェイドが朱い月と同位の存在だから、というのはどうだろう?
 他の真祖に関しては前述の通りとしても、オリジナルである朱い月となると話は別とまたまたロアさん談。要するに現段階で次代の朱い月候補No.1であるアルクェイドは極めて朱い月に近いが故に志貴も殺害衝動を抱いたのではないかと。


 その37 夢の中で

 今回志貴くんは過去のシエルや軋間と対峙してもお馴染みの「コロセコロセコロセコロセコロセ」が出てきませんでした。
 これは何故かといったら…やはり考えられるとしたらあれらは所詮個人のイメージの具現化であって本物ではなかったから、という事でしょうか。
 ちなみに黄理は軋間と対峙した時に心臓バクバク言ってましたね。あれは殺害衝動の影響によるものだったという可能性も。なんて思いました。


 その38 七夜の超能力

 本編や白本・青本の段階では結局ハッキリしませんでしたがどうやら「視えないものを視る」で確定みたいですね。
 ちなみに月姫本編で四季が「遠野の人間皆能力が違う」と言っていたので、そんなら七夜の方はみな同じ能力なんかなーと思ってたんですが、それはある意味で正解だったようです。しかし視えるものは誰もが同じ、というわけではなく人によって違うようなので、そういった意味では不正解という事になるのかもしれません。


 その39 志貴の能力

 超能力というやつは脳内において通常は使われない回線が先天的に開いているために発動するもの。七夜の超能力は霊的視力の高い眼球から得た情報を理解できるようになる回線が脳内において機能することによって働くものなんでしょう。
 さて、この回線なんですが、基本的に複数同時に開く事が出来ないそうです。ところが七夜の超能力が「視えないものを視る」というものであるならば、志貴はこれによって秋葉の髪の毛を視ると同時に直死の魔眼によって死の線を視ています。これってつまり不可視の力を視る回線と死の線を視る回線のふたつが同時に開いていたという事なのだろうか?

 複数の回線を同時に開くというの前例がなかったようですが、浅上藤乃という超能力者がそれを覆しました。よって決してそのような超能力者は存在しえないというわけではないようです。七夜という一族は本来一代限りの超能力者を高確率で生み出す一族なんで、それだけ大勢超能力者が生まれてくるのならその中から更に突き抜けた者が現われる、というのも考えられない話ではないかもしれないですね。ならば志貴がふたつの回線を同時使用してたという可能性もありうるのかも。

 もうひとつの可能性としては死の線を視るのに使っていた回線は七夜の超能力で使用してる回線と同じであるというもの。
 つまり「視えないものを視る回線」というのが存在するわけだが、視えないものといっても沢山種類がある。そしてこの回線は、そのままではその全てを同時に認識できるというわけではないのでは。
 事実、七夜黄理と志貴が視えるものは違っている。この事から七夜の超能力者達の中でも人によって視えているものが違っている可能性があるかも。
 つまり志貴の場合、死をその身で体験した事によって元々開いていた七夜の超能力を司っていた回線が進化(成長?)し、それによって死と不可視の力の両方を視る事が出来るようになったという事なんじゃないだろうか。


 その40 視えるものの違い

 それじゃあ七夜の超能力者達が視えているものが(恐らく)人によって違うのは何故だろうか?

 これに関してはゲーム中にヒントが無いので何ともいえないのだけど…志貴が死を体験した事によって回線が進化したのだとするならば、生後の周囲の環境によって回線が同じ視えないものの中でもどれに特化されるかが決定付けられるというのもありかも…なんて。

 或いは眼球自体の向き不向きというのがあって、それによって視えるものが変わってくるというのが考えられるかも。この場合志貴の眼は不可視の力を視やすく、後天的に死の線をも視れるようになるだけのポテンシャルをも備えていたという事になる。

 ところで空の境界で橙子さんが魔眼は霊的手術云々と言っていた気がする。これが元々魔眼の持ち主でない人間が霊的手術を眼球に施される事によって魔眼を得られるのだと解釈するならば、生まれ付き魔眼を持っている人間も霊的手術によって魔眼の機能を拡大、或いは強化する事も可能という事になるんだろうか?
 もしそうだとしたら七夜の超能力者達もそれによってもっと沢山のものを視れるようになれたという可能性があったのかもしれない。しかしそれをしなかったのは彼等が魔術・法術を一切使用しないからだったとか。単に上で述べた魔眼に関する私の解釈が間違ってるだけって事もありえますけれども。


戻る