Fate/hollow ataraxia雑記(6)

 Fate/hollow ataraxiaのネタバレ雑記です。
 例によって順番とかあんま考えてません。ネタ・妄想・考察など分け隔てなく全部ぶち込んでるので、見た目考察っぽくても書いてる本人は自信が無かったりネタだったりする場合もあります。

 51:公式の第二回人気投票雑感(1)

 順位は漠然と予想していたものとあんまり変わりませんでしたね。

 強いて言うなら大分出番の少なかったアーチャーがあの位置を維持していたのがすげぇと思ったくらいです。しかしよくよく考えてみれば大橋での戦いは大きな見せ場だったし、ランサーズヘヴンではなんか新たな方面を開拓した感じだし、手数こそ少ないが一撃一撃がヘヴィ級だったといったところ……なんだろうか?
 同じ理由で順当なランクアップを果たしたのがランサーだったのだろう。アトゴウラはホロゥ屈指の名場面です。

 イリヤは仕方ないでしょう。事実上前作から引き継いだ貯金が頼りである状況においてあの順位なら、むしろ健闘したのではないかと。
 一方ホロゥ新キャラのバゼットさんとカレンですがこちらはイリヤとは逆の例で、前作の貯金がないにも関らずにこの順位はやはり健闘したのではなかろうか。そう考えるとベストテンには届きませんでしたがアンリマユの人気もたいしたものである。彼も事実上同じような条件だったと思うし。

 士郎と藤ねえはそのニューフェイスたちが上位に食い込んできた事を考えれば、ベストテンならずともあれだけの順位を維持できたのはこれまた健闘したのではないだろうか。

 桜は出番が多かったんで順当なランクアップだったのではないでしょうか。個人的には今回の事件の本筋にはあんまり関ってこなかったので、そのあたりがネックになるかもしれないと思っていましたが。
 それならライダー、そしてキャスターも似たようなものなんですが、彼女達の場合過去のエピソードが公開されたのが大きかったと思う。
 逆に葛木先生は過去のエピソードがある割りにふるいませんでしたが、彼の場合は出番そのものが少なかったのが大きかったのでは。言峰も似たようなケースかな?
 そして出番が少なかった上にこれといった過去のエピソードが無かった事が響いたのが小次郎とバーサーカーですかね。尤も、出番が少ないどころか本編には出番がなかった人や、それどころかミニゲームですらも姿を見られない人も居ましたが。

 最後にギルガメッシュ。子ギルと票が分散するのが痛手になる可能性も有るのではと思ってましたが……両方の総画得票数であれば十位以内に入ってたのか。なんてお約束なオチ。


 52:公式の第二回人気投票雑感(2)

 さて、ここからは「きのコメント」雑感です。引用文の下の【 】は、そのキャラに関するコメントだよーという意味です。

 >『hollow』で語られる事がなかったのは、『hollow』以外で出番が―――
 【衛宮切嗣】

 Fate/ZEROなのだろうかそれは。私はエミヤゼロという曲があるのだから、あれは切嗣の物語も含めていくつか考えられる中ではアーチャーが衛宮士郎だった頃の物語である可能性が一番高いかな、などと考えてましたが。その辺に関しては自分の考えをメモに書き殴ってありますんで、いずれ内容を整えてからアップします。
 なんにせよFate/ZEROになるかどうかはまだわかりませんが、切嗣について描かれる作品が今後出るのなら、彼の愛人とやらがどんな人物であるのか個人的に気になる。こちらにも子供が居たりしたら士郎とイリヤに新たな兄弟(姉妹)が?
 むしろアイリスフィールの方が愛人って可能性は……公式の用語辞典の文章を「素直に」解釈したら多分ないと思うんだけど……アインツベルンの切嗣への破格の待遇を考えると愛人とはちょっと考えがたい気がするしなあ。

 >あと誤解されがちなのですが、葛木の格闘術が通用するのは初見の相手だけです
 【葛木宗一郎】

 誤解されがちだったのか。前作で彼の戦闘能力が明かされた直後、その事については説明されてたんですけどね。
 葛木先生自身がセイバーは自分の技が二度通じる相手ではないというような事を言ってますし、モノローグにて「技」と「業」の違いを説明していたりする。
 読んだ人の多くがそのあたりをスルッと流してしまったのは、やはり彼の戦闘スキルがあまりにも強烈に頭に焼きついてしまったが故なのだろうか。


 53:公式の第二回人気投票雑感(3)

 「きのコメント」雑感の続き。引用文の下の【 】は、そのキャラに関するコメントだよーという意味です。

 >テーマソングを持っているのはセイバーと小次郎と彼だけですよ
 【間桐慎二】

 「エミヤ」と「黄金の王」、あとホロゥの「カレンのテーマ」と「アヴェンジャー」はテーマじゃないんですかね? 「ローレライ」は……イリヤ用に曲から書き起こされたわけではないから違うって事だろうか。
 それはそうとその下の、彼を名探偵役にした場合のシミュレーションが物凄く絵を思い浮かべやすくてツボ。
 慎二のテーマがバックに流れている状態で彼が得意げに推理を披露したりなどしてたら……プレイヤーもその内容は普通にスルーすると思います。

 >Fateの頃に登場してもらった時は、空の境界からのゲスト出演のつもりだったんですよ奥さん
 【蛍塚ネコ】

 ああ、やっぱり。妙な既視感があるなと思ってました。同一人物とまではいかないが、あのおねーさんを参考にしているっぽい気がするなあとは。

 >子供状態だと魔力がいまいち低いので宝具を大量には呼び出せませんが、その代わりにうまく使いこなします。つまりスキル・慢心がない。……ちょっと待て。こいつ、子供の方が強くないか……!?
 【子ギル】

 子供の方が強くないかってのは半分冗談でしょうが、なんにせよ子ギルの方にはギルガメッシュ最大の弱点がない事は確かなわけで。もしもあの性格のまま成長していたら本当に問答無用で最強の英霊になっていたんだな。

 子供状態だと魔力が低い理由は、魔力の大本である生命力が大人よりも少ないが故、ということなんでしょうかね。
 だとすると先天的に魔術回路の数が決まっている魔術師も、子供の頃はやはり魔力生成量が少ないという事になるんでしょうか。その時点で既に成長後と同じ数の回路を持っているにも関らず。
 や、普通に考えりゃ魔術師も子供の頃の方が魔力生成量は少ないと考えた方が自然なんですけどね。


 54:公式の第二回人気投票雑感(4)

 「きのコメント」雑感の続き。引用文の下の【 】は、そのキャラに関するコメントだよーという意味です。

 >もしくは城にやってくる士郎をトラップでハメ殺すカゲロウゲーム
 【セラ・リーゼリット】

 ここ読んでふと思ったんだけど、もしかしてあの城の中庭に有るという地下牢直通の落とし穴ってセラが作ったのかな……。
 あと関係ない上に今更ですが、リズのアイコンからはなんにも無い筈のある一点をじーっと見つめる猫を連想しました。

 >登場シーンわずか1(声だけなら+1)にして、10以上の立ち絵を持つ
 【ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト】

 ミミック遠坂のラストで立ち絵出てるんで、登場シーン+1だと思う。のだとしても、登場シーンの少なさのわりに立ち絵で随分と贅沢をしている点は変わらず。流石ワンフロア借り切ろうとするだけあるなこの人。

 >ロンドン編は俺も見てぇよ
 【ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト】

 ネタがないからこう言ってるのか時間が無いからこう言ってるのか。後者かな?

 >『hollow』における商店街のエピソードは氷室ルートへの入り口です
 【氷室鐘】

 やはり。意味ありげにマンションの名前を口にしていたのでなんかのフラグっぽいなあと思ってたんですが。結局氷室ルートはボツになったんですかね、残念。小次郎の美人二人連れて来い(意訳)発言もボツエピソードのフラグだったのかな。
 というか、氷室ルートはなんらかの方法でカタチに出来ないものだろうか。小次郎の発言もボツエピソードの名残だったのであればそちらも。あとロンドン編。しかしTYPE-MOONさんの作業は次に移っているだろうから、流石にそう簡単にはいかないか。


 55:公式の第二回人気投票雑感(5)

 「きのコメント」雑感の続き。引用文の下の【 】は、そのキャラに関するコメントだよーという意味です。

 >観客席で「ライダー、なぜゴルゴン流を使わないの……!」
 【ステンノ&エウリュアレ】

 エウリュアレの言葉なだけに、ゴルゴン流とはフライングロリープレスの事なのか。イリヤも得意としていたあの。
 だったらライダーは絶対使わないでしょうね。
 あとゴルゴン姉妹が今回限りなのは悔しいってのは同意。彼女達に関するエピソードも上で書いたような、できればいずれなんとかカタチにしてほしい物のひとつです。

 >だってほとんどのコメントがもっきゅもっきゅだからネ!
 【黒セイバー】

 ウチの第二回ハラペコセイバー祭でも同じ現象が……。

 >……余談ですが、アンリ分は足りない人はDDDとかいう別の話を読むと吉かもしれぬ。『hollow』と『DDD』はプロット製作が同じ時期だったからか、なんかリンクさせようと企んでいたコトもあったそうな。すぐやめたが
 【アヴェンジャー】

 リンクさせるのはやめたにも関らず読むと吉って事は、リンクは無くとも何かニヤリとさせられる要素があるって事でしょうか。
 あちらの作品の「悪魔憑き」はニセモノである事は作中で既に言及されていましたが、アリカやカイエが従えてるのは本物っぽいから、他の「本物」も今後少なからず物語に関ってくる可能性はありそうだ。その過程で何かが……?

 >アニメ用に描き起こした子供桜は近日公開予定。すげえぜ
 【ミミちゃん】

 ここまで下位から順に上へと辿って行ってましたが、急遽戻る。前回の更新で書き忘れてました。
 私も今の桜を幼くして髪と瞳の色を遠坂の色にしたらミミちゃんに近い容姿になるかなあとか思ってたんですが、違うのか。きのこさんの自信に満ちた様子を見るとその程度の予想は上回ってきそうな雰囲気だが果たして……?


 56:公式の第二回人気投票雑感(6)

 「きのコメント」雑感の続き。引用文の下の【 】は、そのキャラに関するコメントだよーという意味です。

 >某蒼崎も本気キャス子には敵うまい
 【キャスター】

 比較しているのはミサイルランチャーの人の方ですよね、多分。この二人が撃ち合ったらどうなるんだろうとFateの凛ルートでの光弾雨を見て思った事がありましたが、きのこさんのこの言から察するにキャスター優位という事なのだろうか。

 ちなみにここでいう「本気キャス子」って陣地に魔力を大量にプールしてある状態でしょうかね。だとするとそれがない素の状態では逆にキャスター不利になりそうですが。
 ともかく前述の仮定でいくと、確かにミサイルランチャーの人こと青子先生は触媒によるバックアップとかをあてにしないって話だから、キャスターに敵うまいってのもなんとなくわかる。それにぶっ壊すのだけが取り柄なんだから陣地作成とか、下手っぽいよなあ……。

 サーヴァントと戦える彼女がサーヴァント中最弱とされていたキャスターに勝てないとしたら、それはやはり相性問題なのかな。でも、キャスターが最弱ったって他のサーヴァントと全く戦えないってわけでもないですが。

 また、相性問題といえばこういう考え方もできるかも。
 他のサーヴァントに対してキャスターの魔術は効き難い。しかし青子先生の魔法は効く(作中最高の対魔力を誇るセイバーですら魔法はキャンセルできない)。よって他のサーヴァントが相手という条件下での話のみだと、キャスターよりも青子先生の方が優れているように見えるかもしれない。
 だが直接両者を戦わせたらどうなるのか。青子先生の対魔術防御のレベルは不明。むしろぶっ壊すことだけが取り柄だと言われている事を考えると守りの方も優れているとは考え難いかもしれない。実際過去に行われた人気投票時にもきのこさんが守りはおろそかだとコメントしているし。
 その場合他のサーヴァントが相手となったケースにおける、キャスターにとって致命的な要素がこのカードにおいては関ってこない。ならば魔術師としてのスキルはキャスターの方がはるかに上なのだから、魔法にさえ注意すれば総合的に見てキャスター優位って事も充分考えられるかもしれない。

 なんか気がついたら長々と書いちゃってるよ。
 そもそも今回引用した箇所なんですが、こういう言い方って希望的観測入ってたり冗談半分だったりする事もあるので額面通りに受け取って良いとは限らないのにね。


 57:公式の第二回人気投票雑感(7)

 「きのコメント」雑感の続き。引用文の下の【 】は、そのキャラに関するコメントだよーという意味です。

 >例えばこんなダメットさん
 【バゼット】

 バゼットさんとお金という組み合わせだとどうも、五百円玉を指でぐにっと折り曲げる彼女を想像してしまうのですが。しかも四つ折り。

 >追加立ち絵はトペ・アインツベルンと水着のみ
 【イリヤ】

 トペが変な方向に強烈過ぎてもっと沢山追加があるような印象がありました。水着の差分は勿体無いなあ。

 >傍にいる悪魔次第で攻撃レベルがポンポン変わったり
 【カレン】

 あ、やっぱりそういう使い方が出来るんですね。これまでそういうのは想像の域を出なかった(探知機として使われてきたという話しか本編においてはされてなかったので)んですが。もしもDDDの世界に行ったらアリカの攻撃力が倍加?
 なんにせよ、今後彼女が戦闘要員として登場することがあるのなら強力な悪魔がパートナーとして必要だな。教会繋がりでメレムあたりと組んだら面白いんじゃないだろうか? 実現するかどうかわかりませんが。しかし元々月姫2に出演予定だったって話を聞くとどうにも期待してしまうのである。

 >働け蛇姫。欲しいもの(自転車)があるなら、アンタはギリギリドジっ娘だ
 【ライダー】

 また自身の作品の名ゼリフを自らぶっこわしてますよ(笑)

 >その叶わなかったユメにいつか手が届くと願って、お祭りの幕は閉じるのでした
 【セイバー】

 原作者がそういうことを言うと皆色々と期待してしまうわけで。とはいえ少なくとも何らかの形でFateにセイバーグッドエンドが作られるような事は無いと思いますが。
 個人的に期待するのは今後別の作品でセイバーの再登場があるのかどうか。ホロゥにおけるアンリマユ・バゼットさん・カレンの位置づけを見て色々と考えたりもしましたが、長くなるので別の機会に。


戻る